• トップ
  • ブログ
  • 自己紹介が苦手な皆様へ  「メモづくり」と「リハ―サル」のすすめ(1)

自己紹介が苦手な皆様へ  「メモづくり」と「リハ―サル」のすすめ(1)

2017/05/23

トークレスキューの高木です。
この「伝え方コラム」では人前の話を控えた方向けの記事を掲載しています。

きょうのコラムのテーマは「自己紹介」

大人数の会場の挨拶、スピーチ、プレゼン、発表、
さらには食事会や飲み会と、様々な場面で「自己紹介」はつきものです。





しかしこの自己紹介を苦手とする方は意外と多いようです。

「順番に一言ずつ自己紹介を」と言われて、
その順番待ちの間にいつもより緊張したご経験はありませんか?





表向きクールに装っても、内心では

「早く終わらせたい!」
「できることなら逃げたい!」

などと深刻なお悩みに発展する方も少なくありません。

これは「予期恐怖」と呼ばれる現象の一種と言われています。。


実はアナウンサーの私もこの「自己紹介」を苦手としていました。

「アナウンサーとして気の利いた事の一つでも言わなくては…」
「周囲がさすが、と思うような自己紹介にしなくては…」と
自分で自分に重圧をかけていたことがその要因でした。

で、いざマイクを渡されて自己紹介の順番が回ってくると、

「名前と経歴しか言えなかった…」
「余裕が全くなかった…」
「理想とほど遠い自己紹介だった…」
などと、心がへこんだ経験は数え切れません。


そんな私が推奨するのが

「自己紹介のメモづくりとリハーサル」です。

「自己紹介ごときでメモづくり?リハーサル?」
とお思いでしょうがこの作業はとても効果があるのです。

詳しくは次のコラムでご説明します。

トークレスキューでは志ある皆様を心から応援します。
次回のコラムもどうぞお楽しみに!(講師・高木)


このコラムの続きはこちら

伝え方コラム一覧はこちら
セミナー・レッスン情報はこちらへ