• トップ
  • ブログ
  • 職場の朝礼スピーチが苦手な皆様へ 「リフレーミング」のすすめ

職場の朝礼スピーチが苦手な皆様へ 「リフレーミング」のすすめ

2017/05/08

トークレスキューの高木です。
この「伝え方コラム」では人前の話を控えた方向けの記事を掲載しています。

きょうのコラムのテーマは「朝礼スピーチ」。

知っている人たちや少人数グループでの「ひとことスピーチ」って、
意外と緊張しませんか? 
特に「職場の朝礼スピーチが苦手」というお声はよく聞かれます。

「職場の知っている人を前にして、視線が一気に自分に集まって…」
「それでも職場のためになることや一目置かれるようなことを言わねばならない…」
「そんな状況を考えただけでも嫌になる…職場に行きたくない!」
というお気持ちはアナウンサー経験のある私もすごく共感できます。

職場での会話はごく普通にできるのに、なぜ朝礼スピーチなどでは
苦手意識が生じるのでしょうか?

理由はいたってシンプル。
「会話」から「スピーチ」へと「急変」するからです。

いかなる場合も状況の「急変」は緊張度を急上昇させます。

メンバーの顔を知っていても、気心が知れている人がいても
たったの数分の朝礼であったとしても、スピーチはスピーチ。

その場にいる人々は、普段とは違う位置で
「全員があなたを見て、全員があなたの話を聞く」という状況に
「急変」するわけです。

「おしゃべりは好きだけど、スピーチは苦手」と方も多いと思いますが、
状況や注目度の「急変」という視点で考えると、苦手意識が高まるのも
ご理解いただけるかと思います。

そこで今回はメンタル面からの対処法を一つご紹介します。

それは「リフレーミング」という手法です。

リフレーミングは思考の枠組み(思考フレーム)を変えること。
つまり「物事の見方をとらえなおすこと」とお考え下さい。

リフレーミングの話でよく紹介されるのが
「半分の水が入ったコップ」の事例です。
「水が半分しかない」から「水が半分もある」という見方への転換ですね。

では朝礼スピーチの例でリフレーミングをしてみましょう。

(リフレーミング前)

「全員が顔見知り。気心が知れた人もいる場の朝礼なのに…
 緊張するのはなぜ…? 自分のメンタルは弱すぎるのでは?…」

(リフレーミング後)

「顔見知りの場の朝礼。日常会話からスピーチに急変する。
 視線も集まる。緊張するのは当然。メンタルの反応は正常反応だ!」

となるわけです。
これはリフレーミングで見方をとらえなおした一例です。

実際はここまで能天気なことも考えにくいのが現状でしょうが、
この「リフレーミング」という概念が一つあることで
皆様の安心材料が一つ増えることになるはずです。

大事な場面のスピーチ、プレゼン、発表などにのぞむ皆さん、
ぜひ安心材料を増やしてくださいね。

トークレスキューでは志ある皆様を心から応援します。
次回のコラムもどうぞお楽しみに!(講師・高木)

伝え方コラム一覧はこちら
セミナー・レッスン情報はこちらへ