• トップ
  • ブログ
  • 【スピーチコラム】話がまとまらない皆様へ 言葉を9割捨てるプロの技

【スピーチコラム】話がまとまらない皆様へ 言葉を9割捨てるプロの技

2019/08/07

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

――――――――――――
きょうのテーマは「話がまとまらない時の対処法」です。

人前で話す時、こんなことはありませんか?

「何を話そうか…あの話も、この話も大事だ…」
「話がまとまらない…でも何とかなるかも…」


で、いざ話してみると…

「自分で何を話したか、よく覚えていない」
「話が散漫になった…」
「大事なことを言い忘れた…」




多くの皆様がこうした経験をされているはずです。

アナウンサーの私も過去に生放送の現場で

「この話を入れたい、この情報も話さないと…」

などとたくさんの情報を伝えようとしてきました。

取材で拾った情報ならばなおさらその思いは強くなります。
しかし全てを盛り込むように話した時、どうなったか…

「話があちこちに飛んだ」
「散漫な説明でよくわからなかった」
「話の途中で時間切れになった」


というケースが大半だったのです。

――――――――――――――――

話す内容が多い時、どのようにすればよいのか。

あるスポーツ実況の先輩方からいただいたヒントを
皆様にご紹介しましょう。

それは 

「情報は捨てるもの」

「10の情報があったら、使うのは1で十分」


というお教えでした。

手持ちの情報のうち「9割の情報」は
「潔く捨ててしまう」という考えです。





​​​​​
初めてこのことを聞いたときは

「えー?本当に?」と思いました。

でもスポーツ実況や中継などの現場で
実際に試してみて、どうなったか?

言葉を捨てることで、好循環が生まれたのです。

情報を捨てまくるため、残った言葉は
「最重要のキーワードのみ」となります。

この「最重要部分」だけを伝えることで、
大事な部分がより際立ち、話題全体のバランスもとれて
結果として「より深く相手に伝わる」と気づいたのです。

――――――――――――――――

言葉を捨てると相乗効果も生まれました。

話す言葉の全体量が減るため、
スローペースでも十分対応できます。

早口の必要性が無くなり、心的な負担も減り、
結果として「かまなくなる」のです。

「言葉を捨てる」ことは「精神的ゆとり」を生む
「好循環のきっかけ」そのものだったのです。


――――――――――――――――

まとめです。

人前で話す際、「あれもこれも」となる皆様、
どうぞ勇気をもってこのことを試してください。

「話すのは 10の情報のうち 1つだけ」

言葉を捨てる決断は言葉のキレを生みだします。
ぜひお試しくださいね。

皆様のヒントになれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)

[内容更新:2019年8月8日]

――――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューでは
一生懸命な皆様を心から応援しています。

水戸会場プライベートレッスンの情報はこちら


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

講師の高木はマスコミ対応研修・危機管理研修、
伝わる話し方、情報共有力講座、など
研修講師として各種研修も実施しています。

企業研修の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


―――――――――――――――

【動画】セミナー・講座の様子を動画で公開しています。

トークレスキューTV