• トップ
  • ブログ
  • 自己紹介が苦手な皆様へ  「メモづくり」と「リハ―サル」のすすめ(2)

自己紹介が苦手な皆様へ  「メモづくり」と「リハ―サル」のすすめ(2)

2017/05/23

トークレスキューの高木です。
この「伝え方コラム」では人前の話を控えた方向けの記事を掲載しています。

前回に続き「自己紹介」の話です。




前回のコラムはこちら


そもそもなぜ自己紹介が難しいのでしょうか?

実はその理由はいくつもあります。

・話せる時間が短い
・知ってもらいたい内容がいくつもある
・相手が初対面のケースが多い
・一気に視線が集まる
・いきなり本番となるケースが多い
・カメラや照明が向けられることもある… などなど


つまり「自己紹介」は状況によって

「難易度の高い状況下の制限時間付きスピーチ」となるのです。





つまり自己紹介をあなどってはいけないのです。

ならばどうするか? 答はシンプルです。

「話す内容を書く」(メモを書く)
「話す内容を声に出す」(リハーサル)

とすればよいのです


「自己紹介ごときでメモづくり? リハーサル?」
とお思いの皆さん。

そんな皆さんに思い出していただきたいことがあります。

それは「就職活動時の面接」です。






面接の前、自己PRや志望動機を「書いて」
想定問答の「リハーサル」で声を出した方も多かったはず。

「書いて、リハーサル」という流れがあったからこそ
本番の面接が楽になったのではないでしょうか。

自己紹介も「自己PR」の一種です。

たかが自己紹介、されど自己紹介。

自己紹介をしっかりとまとめることで
周囲からの信頼度もあがり皆様の自信につながります。

「今日は自己紹介の機会がありそうだな」というときこそ、
前もって「書いて、リハーサル」の対応がオススメです。

トークレスキューでは志ある皆様を心から応援します。
次回のコラムもどうぞお楽しみに!(講師・高木)

伝え方コラム一覧はこちら
セミナー・レッスン情報はこちらへ