講師のつぶやき 淡々と話す意義

2017/09/01

[講師のつぶやき・淡々と話す意義]

-------------------------------------------------------------
話し方・伝え方に関する出来事や、
講師の身の回りのこともつぶやかせていただきます。
皆さまのご参考になれば幸いです。
-------------------------------------------------------------

常磐線で移動中、列車が停車しました。

201709010017_1.jpg

迷惑客のトラブルが原因のようでしたが、
この時の車内アナウンスが実に見事!

女性の声の車内アナウンスだったのですが
静かなトーンで事実を淡々と伝える
「まさにプロ!」という仕事でした

車内アナウンス

「ただいまグリーン車内の点検のため○○駅で停止しています」

(= 淡々とした口調・声量控えめ・一定のトーン)

このアナウンスが複数回繰り返されいました。

感情の起伏の無い静かな口調でしたが、
それがかえってざわつきを鎮めるもので、
「大きなトラブルでない」という安心感と
「職員が対応している」という誠意を感じさせる口調でした。

私もラジオの局アナ時代、緊急のニュースや災害報道では
声のトーンを一定にして淡々と内容や状況を伝えました。

一定のトーンで話すことは、冷徹なイメージもありますが
実は集団心理を刺激しない一面があります。

淡々とした口調も、実は意義があるのです。

状況に応じ、淡々と話すスキルも必要かと思いました。

皆様のご参考になれば幸いです。

JR職員の皆様、お疲れさまでした!(講師・高木)


伝え方コラム一覧はこちら


公式ツイッターはこちら


セミナー・レッスンご予約はこちらへ


Peatixでのご予約はこちらへ