• トップ
  • ブログ
  • 【講師活動報告】水戸 8/8 マスコミ対応力向上講座

【講師活動報告】水戸 8/8 マスコミ対応力向上講座

2018/08/13

自治体向けの研修講師の業務が続きました。
8/8は茨城県水戸市で「マスコミ対応力向上講座」を実施。

台風13号の接近日でしたが、公務員の皆様を対象に
約6時間の研修を担当させていただきました。


(写真は会場内ロビーで研修後に撮影したものです)

この研修では危機管理広報のレクチャーとともに
台本活用型の「模擬記者会見」も実施。

「幹部職員による緊急記者会見」という設定のもと
受講者の皆様に緊急記者会見の流れを
ロールプレイング形式で体験していただきました。

模擬記者会見ではこのようなオリジナル台本を使います。



マスコミ対応のポイントの一つが、
「記者・カメラマンの『向こう側』を意識する」ということ。

謝罪会見などの危機管理広報の際は、
被害者や当時者の視点に立つ必要があります。

報道陣のみならずメディアの向こう側の人の存在を
意識することがとても重要ということを説明しました。

このところさまざまな謝罪会見が相次ぐせいか、
受講生の皆様の表情も真剣そのもの!
危機管理広報への関心度の高さがうかがえました。

今回の研修が皆様の職場のヒントになれば幸いです。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

―――――――――――――――――――

【研修担当者の皆様へ】

講師の高木はマスコミ現場の経験をもとに
各種研修プログラムをご用意しています。

マスコミ対応、危機管理、プレゼン、情報共有、
新人・若手向け説明力 など、皆様の職場の組織力強化の
研修カリキュラムをご用意しています。

詳細はどうぞお気軽にお尋ねください。

お問合せはこちら

※プライバシー確保のため場所の詳細は伏せました。