• トップ
  • ブログ
  • 【講師活動報告】研修リハ―サル・ランスルーの話

【講師活動報告】研修リハ―サル・ランスルーの話

2018/10/25

自治体向け研修の講師を担当させていただくことが
このところ増えつつあります。
マスコミ対応研修や広報力向上研修など
ご要望にそってカリキュラムを調整しています。

その際、私が一番気にするポイントは実施時間。
丸一日7-8時間研修の時もあれば、
研修時間が3時間以下のケースもあります。

そんな研修講師の業務の前、私は必ず
「ランスルー」を行っています。



「ランスルー」は通しリハーサルのこと。
写真は近所の公共施設でのランスルー実施時の様子です。

私の場合、機材のセッティング、挨拶、自己紹介、
問いかけのタイミングなど、研修実施時の
一通りの流れをさえぎらずに行い時間を測ります。

このランスルーの手法は放送現場で習得したもの。

特に高校野球実況の前には、試合開始前から
試合後の結びのコメントまで通しで実況練習をしていました。

ランスルーは時間がかかります。
会場費などの経費も手間もかかり体力も消耗します。
ですが安心材料が確実に増えるのです。

ランスルーをすることで、言いよどむ場面も
事前に把握でき対処法も用意できます。

プロとして当然の業務の一環かもしれませんが、
放送現場の経験が、講師業でも生きていると感じています。

皆様のご参考になれば幸いです。

――――――――――――――――――――

(人事担当・研修担当の皆様へ)

講師の高木はスピーチ講座トークレスキューとともに
企業研修事業を「メディアレクチャーズ」の名称で
展開しています。



企業研修メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


広報力研修のほか、報道・実況経験をもとにした
各種研修・講演・セミナーに対応しています。

お問合せもお気軽にどうぞ!

企業研修メディアレクチャーズお問い合わせページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/medialectcontact