• トップ
  • ブログ
  • 【スピーチコラム】選挙応援の掛け声はどうしたら? コール&レスポンスのコツ

【スピーチコラム】選挙応援の掛け声はどうしたら? コール&レスポンスのコツ

2019/07/14

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

今日のテーマは「選挙応援の掛け声」です

プライベートレッスン受講者様から
こんなご質問をいただきました。

――――――――――――――

Q:「近く選挙がらみの会合があります。
 『ガンバロー』という掛け声の担当になったのですが
 あまり経験がないのでコツがわかりません
 どうしたらいいでしょうか?」


――――――――――――――



同様のお困りごとは選挙を控えた全国各地で
見受けられるのかと思われます。

今回は特定の政党・団体や政治的思想と全く関係なく、
アナウンスの技法としてご質問に答えたく思います。

――――――――――――――

掛け声対策は「コール&レスポンス」の手法が効果的です。

「コール&レスポンス」は
「話し手の掛け声」と「聞き手の返答」のやりとりの意味です。

コール&レスポンスの達人は
ミュージシャンアイドルの皆さん。

ライブ会場で客席からの掛け声や拍手などの反応を
上手く引き出して会場の一体感を生み出しますよね。




特にaikoさんのライブ「コール&レスポンス」
「aiko名物」ともいえるほど盛り上がります。

私・高木も放送現場でこのコール&レスポンスを多用しました。
公開放送ステージイベント、司会業の時などです。

私はラジオ局のアナウンサー兼ディレクターでしたので、
ショッピングモールや屋外イベントスペースでの
公開放送やステージイベントを多数経験してきました。

そんなディレクターの業務時には
「前説(まえせつ)」(=会場の雰囲気を温める『前説明』)
長年担当し、このコール&レスポンスの手法を多用してきました。

――――――――――――――

コール&レスポンスコツは主に3点

① 予告

② 短いフレーズ

③ ポーズ+プロミネンス(間+強調)


この3つの技法を組み合わせます。

ポーズは「間」プロミネンスは「強調」を意味する
アナウンス技法の用語です。

ご質問者様の事例の通り、選挙関連の会合で説明しましょう。

ここでは「県議選、頑張ろう!」のコールをするとします。
掛け声はこんな事例が想定されます。

――――――――――――

担当者:

では皆さん、ここで頑張ろうコールを行います。
私が「県議選」と言ったら、
「頑張ろう」と手を挙げてご唱和ください。
「県議選、頑張ろう」です。3回繰り返しますよ。


 ①予告1回目何をするか知らせます。

よろしいですか?
県議選と言ったら、頑張ろう、と手を挙げてくださいね。
3回繰り返します。大きな声で、ご唱和くださいね。


 ①予告2回目。
  周囲の状況、表情を見て、理解を促します。
  2-3回繰り返しても、会場の人は「しつこさ」を感じず
  「丁寧な説明」と感じます。


 ②短いフレーズ。
  相手が言いやすい一言、行いやすい動作とします。
  ここでは「頑張ろう(+挙手)」とシンプルにしています。


担当者+会場:  

では、参ります。(間)

県議選、頑張ろう!/ 頑張ろう! (強調)
頑張ろう / 頑張ろう!
頑張ろう / 頑張ろう!


ありがとうございました! (強調 → 拍手の動作で拍手促し)

 ③ポーズ+プロミネンス
  間と強調をしっかりと意識します。

――――――――――――

「頑張ろうコール」の場合、
1回目は「県議選、頑張ろう」などと選挙名を入れてコール。

2回目、3回目は「頑張ろう」と呼びかけて、
「頑張ろう」と返していただく方がリズムと語感が良くなります。

――――――――――――

私は講座で
「スピーチには音楽的要素がありますよ」
とも説明しますが、こうした掛け声(コール)は
ミュージシャンのライブ感覚と通じるものがありそうです。

アナウンサーやディレクターが使うテクニックは多種多様。

公開放送で使うような手法も会場の雰囲気盛り上げ
集まった方々の意識を高める手法として十分活用できるのです。

選挙時の掛け声担当の皆様のご参考になれば幸いです。
(講師・高木圭二郎)

[内容更新:2019年7月15日]

―――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューでは
一生懸命な皆様を心から応援しています。

水戸会場プライベートレッスンの情報はこちら


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

講師の高木はマスコミ対応研修・説明力向上などの
コミュニケーション研修も実施しています。

企業研修の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


―――――――――――――――

【動画】セミナー・講座の様子を動画で公開しています。

トークレスキューTV