• トップ
  • ブログ
  • 【スピーチコラム】1分間自己紹介の対処法 5つのポイント (更新)

【スピーチコラム】1分間自己紹介の対処法 5つのポイント (更新)

2019/07/18

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

――――――――――――

きょうのテーマは「1分間の自己紹介」
やや長文ですがぜひ文末までご参照ください。




「皆さん、1分程度で自己紹介をお願いします」

この言葉にドキッとした方は実は
ものすごく多いのではないでしょうか?

会議、会合、懇親会、セミナーなど
様々な場面で「1分間自己紹介」の機会は訪れます。

プロのアナウンサーの視点で申し上げると、
この1分間の自己紹介は実は難易度の高いワーク

手短にまとめようとすると、
肩書と名前を名乗っておしまい…

自分のPRポイントを伝えようとすると
今度は時間オーバー…

などとなりがちだからです。

――――――――――――

なぜ1分間の自己紹介は難しいか?

理由の一つが読み言葉と文字数の関係です。

1分間の自己紹介ではわずか400字程度
PR内容をまとめないといけないからです。

アナウンサーがニュース時に1分間で読む
文字数の目安は約400字とされます。

テレビのニュースアナの場合、映像とコメントを合わせるため、
1分間で500字を超えることも多々あります。

それでも聞き取りやすい読み言葉の文字数
1分間で約400ー500字程度です。

つまり原稿用紙1枚分の文字数で
自己紹介を完結する必要があるのです。






――――――――――――

ではどうするか?
「1分間の自己紹介」の対処法ですが、
今回は5つのポイントを紹介します。

【 スピーチ講座トークレスキュー流
  1分間自己紹介 5つのポイント 】


1 現在・過去・未来で話す

2 箇条書きメモを使う

3 ニーズ確認

4 ノイズ言葉を削る

5 目慣らし


これらのポイントを押さえると、
皆様の自己紹介が大きく変わります。

――――――――――――

それぞれ説明しましょう。

1 現在・過去・未来で話す

1分間の自己紹介もスピーチの一種。

なので「話の組み立て」が崩れると
何を言いたいかわからない自己紹介になります。

おすすめは「現在・過去・未来」
時系列での話を組み立ての手法。

 現在:役職・肩書等  何をしているか

 過去:キャリア・実績 何をしてきたか

 未来:抱負・目標   どうしたいか


とすれば、ご自身のPRポイント端的に説明できます。

――――――――――――

2 箇条書きメモを使う

自己紹介の場の多くは「自己紹介をする必要」がある場面

つまり周囲の方々とは打ち解けていないケースが大半なのです。

となると緊張度も自然と高まるもの。
そんな時に効果的なのが、手元メモの活用です。

何を話すか、メモを書くことで思考が整理され、
「頭が真っ白」状態になってもメモで内容を思い出せます。

メモは箇条書きがおすすめ

遠目で見てもパッと分かる箇条書きメモは
とっさの自己紹介の場面の助けになります。

――――――――――――

3 ニーズ確認

自己紹介を聞いてもらう対象者は誰でしょうか?

その方々は何を知りたがっているでしょうか?

どのような状況でどんなニーズがあるでしょうか?

例えばビジネスリーダー向けの自己紹介では
ビジネスマッチングを意識して、
相手が知りたい業務情報を交えても良いでしょう。

初対面の高齢者が対象者で、心的な距離を縮めたい場合は
趣味や得意分野も伝えて、ソフトな口調の自己紹介が
友好関係や好印象につながるものです。

共通しているのは相手目線。
ニーズをしっかりつかめれば、
1分間の自己紹介も関係強化の第一歩となります。

――――――――――――

4 ノイズ言葉を削る

自己紹介の時に

「えー、あのー… 緊張しますねー、

「人前に立つのは不慣れなもので…」


などの言葉が出ることはありませんか?

こうした言葉は心を整える要素もあるのですが
本論から外れた「ノイズ」の言葉と位置付けられます。

1分間=60秒の自己紹介の持ち時間で
「えー、あのー、緊張しますねー…」
5秒も10秒も 時間を奪ってしまうのです。

なので、こうしたノイズ言葉を
出来るだけ削る意識を持ちましょう。

1分間という時間は長いようで短いもの。
無駄のない自己紹介が求められるのです。





――――――――――――

5 目慣らし

自己紹介が始まった瞬間に、
周囲の視線があなたに向けられます。

自己紹介の時は立ち上がったり、
前方に移動するものですが、
これらは強い光を浴びる位置となります。

人間の視線や強い光は、急に浴びると
それだけで恐怖感を生み出すもの。

なので、自己紹介があるときは目慣らしが有効。

・一度発表の場に立つ、

・視線が集まることをイメージして
 他者の目を見ておく

・強い光に備えて、天井の照明を見ておく


など心と目線の準備をしておくのです。

わずか1分でも自己紹介の時は

見えるものが「明るく、まぶしく、鋭くなる」


ということをイメージしておきましょう。

――――――――――――

1分間の自己紹介での重要ポイントを5つ紹介しましたが、
それぞれの要素を一つずつ習得することが
苦手意識を克服する有効な手法となります。

臆することなく、ぜひ何度も自己紹介に
チャレンジしてくださいね。

皆様のヒントになれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)

[内容更新:2019年7月18日]

―――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューでは
一生懸命な皆様を心から応援しています。

水戸会場プライベートレッスンの情報はこちら


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

講師の高木はマスコミ対応研修・危機管理研修、
伝わる話し方、情報共有力講座、など
研修講師として各種研修も実施しています。

企業研修の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


―――――――――――――――

【動画】セミナー・講座の様子を動画で公開しています。

トークレスキューTV