• トップ
  • ブログ
  • 【スピーチコラム】客観的事実と説得力 イチロー選手の盗塁に関して

【スピーチコラム】客観的事実と説得力 イチロー選手の盗塁に関して

2019/02/25

このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

――――――――――――

45歳のイチロー選手がオープン戦で盗塁を決めました。
海外のツイッターでは動画でその様子が紹介されています。
https://twitter.com/ROOTSPORTS_NW/status/1099772253544243200

その関連で今回のコラムでは「客観的事実」の説得力について
実況アナ視点でお伝えします。


(写真はイメージです)

――――――――――――

講師の私・高木は、実況アナになりたての頃、
「盗塁は2秒」と教わりました。

「2秒より早ければ盗塁成功、遅ければ失敗」
という目安で、瞬時に状況を伝える実況の
判断材料の一つとなる言葉でした。

45歳のイチロー選手は、オープン戦で
この2秒程の間に盗塁の成否を決めたわけです。

――――――――――――

専門的な内容ですが、盗塁の実況はパターンがあります。

今回のイチロー選手のプレーをラジオで伝えるとすると
このような実況が考えられます。(かっこ内)は言葉の内容です。

(投手)ピッチャー次の球を投げました。
(走者)1塁ランナー、イチロー走った
(球種)インコース低め、直球、見送ってボール
(捕手)キャッチャー2塁へ送球
(2塁)ショートがベースカバー、送球ワンバウンド、
(走者)イチロー、足から滑り込んだ。
(2塁)ショート、タッチ出来ない、
(判定)ランナーセーフ、盗塁成功、ノーアウトランナー2塁
    45歳、イチローが盗塁を決めました!


映像ではカウントが不明でしたのでここではノーアウト、としました。
ご興味ある方は、実況アナになったつもりで声を出してみてくださいね。

動画リンクはこちら。
https://twitter.com/ROOTSPORTS_NW/status/1099772253544243200

というわけで実況席のアナウンサーはプレーを見ながら、
リアルタイムでタイミングのずれが生じないよう言葉を重ねます。

なので必然的にテンションも上がり、ついつい声も大きくなるのです。

―――――――――

ですが、皆さんお気づきでしょうか?

実況アナが話している言葉はすべて
「誰が、どうした、どうなった、」という
「客観的事実」だけなのです。


「すごい!」「やった!」などの「主観的感想」は後回し。
「まずは事実を伝える」、ということが
実況アナの最大の役割になるのです。

この客観的事実の説明が不十分だと、実況としては不十分。
「それってあなたが自分で思った感想でしょ?」となります。

悪い例として、主観的な感想メインの実況を書き綴ります。

「イチロー、走った、速い速い、
 間に合ったみたいだ。 すごいすごい!…」
 
これでは幼稚なうえ、何が何だかわかりませんよね。

―――――――――――

皆様のスピーチや発表の場に置き換えましょう。

思い入れのあることを話す際、ご自身の感想や願望などを外した
「客観的事実」はどの程度の割合でしょうか?

人前で話す際につい口にしてします
「えーと、あのー、緊張しますねー」などの言葉も
客観的事実ではなく、主観的な感想や言葉のノイズですよね。

客観的事実をしっかり伝える。

感想を極力減らして事実のみを伝える

このことを意識して言葉を入れ替えるだけで、
皆様のスピーチや発表はすごくクリアになります。
客観的事実を重ねることで説得力が増すのです。

スポーツ実況のスキルは、皆様の大事なスピーチや発表の場でも
効果的な手段として使えるはず。

ぜひ「客観的事実」重視の話し方も意識してみてくださいね。
皆様のヒントになれば幸いです。

(講師:高木圭二郎)

―――――――――――――――

水戸会場プライベートレッスンの情報はこちら


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

講師の高木はマスコミ対応研修・説明力向上などの
コミュニケーション研修も実施しています。

企業研修の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


―――――――――――――――

【動画】セミナー・講座の様子を動画で公開しています。

トークレスキューTV