• トップ
  • ブログ
  • 【研修講師コラム】知っておきたいマスコミ対応 記者会見時のICレコーダー

【研修講師コラム】知っておきたいマスコミ対応 記者会見時のICレコーダー

2019/07/20

講師の高木です。スピーチ講座運営とともに
研修講師としても各地で活動しています。

この「研修講師コラム」では
マスコミ対応・危機管理研修など各種研修で
お教えしている内容を一部ご紹介します。

―――――――――――――――――

きょうのテーマは「記者会見時のICレコーダー」です




私は各地で「マスコミ対応研修」を行っています。
研修では不祥事を想定した
「模擬記者会見」
のワークも実施しています。

模擬記者会見の雰囲気を知っていただくために
研修時に毎回持参している小道具があります。

何だと思いますか?…

それは「ICレコーダー」です。

―――――――――――――――――

私は茨城のラジオ局の報道記者時代に
ICレコーダーを常に2台持参していました。

1台は手元でコメント録音で使うため

もう1台は記者会見の卓上に
置きっぱなし
にするためです。

報道記者にとってICレコーダーは必需品。

新聞社・通信社の記者仲間も
会見者の発言記録や確認のため
このICレコーダーを多用していました。

記者クラブが開く記者会見の際には、
このICレコーダーが卓上に多数置かれます。

テレビカメラが多い場合、音響担当者が
マイクの竿(=ブームポール)をのばして
音声を記録するケースもありますが、
会見卓がセッティングされた記者クラブ等での取材では
会見卓の上が「ICレコーダーだらけ」
ということもよくあるのです。

市販品のICレコーダーでも現在は高機能。

発言内容をニュース原稿にする際に
この機材がすごく役に立つのです。

―――――――――――――――――

取材に応じる皆様に知ってほしいポイントです。

緊急記者会見などでのケースとなりますが、
ICレコーダーの事例のように、

報道陣は「一瞬の発言をも記録する」

とお考え下さい。

記者会見の会場では不適切な発言が許されません。

会見の場の不適切な発言や余計なおしゃべりは
音声データとして記録され、皆様だけでなく
組織全体のダメージにつながることがあるのです。

記者会見の場は録画・録音の場でもあります。

「記者会見の場に入った瞬間に、録画・録音スタート」

というほどの意識でマスコミ対応に臨むべきと思われます。

関係者の皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)

―――――――――――――――

講師の高木はマスコミ対応研修・危機管理研修、
企画提案研修、情報共有力講座など各種研修を実施しています。

研修事業は「メディアレクチャーズ」名義で展開中です。

研修事業の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/

―――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューの情報はこちら。

水戸会場ではプライベートレッスンを実施しています。


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

【動画】
セミナー・講座の様子を動画で公開しています。
研修型講演「伝わる話し方」の内容を紹介しています。


トークレスキューTV