• トップ
  • ブログ
  • 【研修講師コラム】マスコミ対応 報道陣は(  )もの を狙う

【研修講師コラム】マスコミ対応 報道陣は(  )もの を狙う

2020/01/28

講師の高木です。スピーチ講座運営とともに
研修講師としても各地で活動しています。

この「研修講師コラム」では
マスコミ対応・危機管理研修など各種研修で
お教えしている内容を一部ご紹介します。

―――――――――――――――――

本日のテーマは
「 取材時に報道陣が狙うもの 」

私・高木の記者クラブ取材経験に沿って説明します。

記者会見やインタビューなどの取材時に、
報道陣が確実に狙う要素があります。

それは (  )もの

(  )に入る文字はお分かりでしょうか?








複数の答えがあると思いますが
マスコミ対応の研修講師として
私はこのようにお伝えしています。




「報道陣は 初もの を狙う」

という説明です。

―――――――――――――――――

一般的に、ニュース原稿は何人もの
チェックを経て世に出されます。

ニュース原稿を確認する際に、
報道記者やデスクらはこの
「初」の要素を多面的に確認するのです。

―――――――――――――――――

例えば、「ブランド米の美味しいコメ」の
収穫のニュースがあるとします。

「お米がとれました」
ではニュースとして弱いですよね。

そこで記者たちは「初」を丹念に探ります。

取材前にもプレスリリースを見て、
「初」があるかどうかで
取材実施が決まることも多くあります。

「初」の要素をいれたニュースの見出しは
例えば、こんな感じです。

「今季初のブランド米収穫」

「GPS収穫判断システムを県内初利用」

などのニュースの見出し、見かけませんか?

ゆえに報道記者は、取材現場で

「これは県内初ですか?」

などの質問も多々行うのです。

―――――――――――――――――

広報担当や、情報を発信する立場の皆様、

この「初」の要素をさらに意識してください。

報道陣がニュースで取り上げるかは
内容や諸条件も関与しますが、
「初」の要素の有無で、取り上げの
確率が高まることがあるのです。

―――――――――――――――――

まとめです。

・マスコミは「初もの」をねらう

この点を覚えておいてくださいね。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)

―――――――――――――――
<研修・講演のご案内>

講師の高木はマスコミ対応研修・危機管理研修、
企画提案研修、情報共有力講座など各種研修を実施しています。

研修事業は「メディアレクチャーズ」名義で展開中。

マスコミ対応研修のページはこちら
 

メディアレクチャーズ マスコミ対応研修ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/mediataiou

研修では今回のコラム記事のより詳しい内容も紹介しています。

―――――――――――――――

研修事業の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/

―――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューの情報はこちら。

水戸会場ではプライベートレッスンを実施しています。


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

【動画】
セミナー・講座の様子を動画で公開しています。
研修型講演「伝わる話し方」の内容を紹介しています。


トークレスキューTV