• トップ
  • ブログ
  • 【研修講師コラム】報道陣は(  )があるかを意識する

【研修講師コラム】報道陣は(  )があるかを意識する

2020/02/04

講師の高木です。スピーチ講座運営とともに
研修講師としても各地で活動しています。

この「研修講師コラム」では
マスコミ対応・危機管理研修など各種研修で
お教えしている内容を一部ご紹介します。

―――――――――――――――――

本日のテーマは
「 取材時に報道陣が意識するもの 」

私・高木の記者クラブ取材経験に沿って説明します。

記者会見やインタビューなどの取材時に、
報道陣が常に意識する要素があります。

「報道陣は(  )があるかを意識する」

(  )に入る文字はお分かりでしょうか?
漢字一文字です。


(写真はイメージ画像です)




今回も複数の答えがあると思いますが
マスコミ対応の研修講師として
私はこのようにお伝えしています。




「報道陣は『 枠 』 があるかを意識する」

という説明です。

―――――――――――――――――

「枠」とは、放送時間の「枠」
または紙面スペースのことです。


取材時にホットな話題を入手しても
紹介したいインタビュー内容があっても
この「枠」次第でカットされることは
マスコミの現場では日常茶飯事なのです。

―――――――――――――――――

具体的に説明しましょう。

放送や紙面の「枠」がなくなる
主なケースは以下の通りです。

 ・選挙前後
 ・高校野球シーズン
 ・五輪、W杯
 ・大規模災害時
 ・号外ニュース時

これらの時はニュースが
その話題で一色になりますよね。

例えば選挙翌日。
ニュースは開票速報一色になりますね。

この時に「街ネタ」とよばれるコラム記事や
人物インタビューなどは休止になりがちです。

広報担当の皆様に注意してほしいのが
6-7月の高校野球前のシーズン。

特に7月は高校野球の注目校紹介で
ローカルニュースの「枠」が
少なくなる傾向があります。

これは主催新聞社や中継放送局以外の
マスコミでも言えることです。

報道陣は深く掘り下げる取材も行いますが、
常にニュース時間や文字数・行数を意識した
「編成」業務も同時進行で対応しています。


―――――――――――――――――

広報担当や、情報を発信する立場の皆様、

マスコミ関係者の「枠」の要素をより意識して
情報発信をすすめることをおすすめします。

一方的にプレスリリースを出すだけでなく

・どの時間帯のニュースで流れるか

・どの紙面スペースで紹介されるか


などのマスコミ側の視点を持つことで、
より有効な情報発信が可能となります。

―――――――――――――――――

まとめです。

「報道陣は「枠」があるかを意識する」

この点を覚えておいてくださいね。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


―――――――――――――――

講師・高木の事業一覧ページはこちら

フリーアナウンサー・研修講師 
高木圭二郎 ビジネスインデックス
https://peraichi.com/landing_pages/view/takagikeijirobiz


―――――――――――――――

<研修・講演のご案内>

講師の高木はマスコミ対応研修・危機管理研修、
広報PR研修、情報共有力講座などを実施しています。

研修事業は「メディアレクチャーズ」名義で展開中。

研修事業の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


―――――――――――――――

マスコミ対応研修のページはこちら
 

メディアレクチャーズ マスコミ対応研修ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/mediataiou


―――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューの情報はこちら。
水戸会場ではプライベートレッスンを実施しています。


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

【動画】
セミナー・講座の様子を動画で公開しています。
研修型講演「伝わる話し方」の内容を紹介しています。
 

トークレスキューTV