• トップ
  • ブログ
  • 【研修講師コラム】危機管理広報の鉄則 新型肺炎・コロナウィルスの情報を踏まえて

【研修講師コラム】危機管理広報の鉄則 新型肺炎・コロナウィルスの情報を踏まえて

2020/02/16

講師の高木です。スピーチ講座運営とともに
研修講師としても各地で活動しています。

この「研修講師コラム」では
マスコミ対応・危機管理研修など各種研修で
お教えしている内容を一部ご紹介します。

―――――――――――――――――

本日の内容は

「危機管理広報の基本中の基本」



新型肺炎・新型コロナウィルスの
連日のニュースを踏まえ、
報道対応に当たる関係者の皆様に
大事なところを再確認してほしく記載しました。

新型コロナウィルスの早期収束を
私も心から願っています。

ここではニュースの情報と別に、
マスコミ対応研修の講師として、
コラム記事を書き記したく思います。

―――――――――――――――――

危機管理広報の基本中の基本。それは

「不誠実な対応を絶対にしない」

ということです。

印象がお堅い、と思われても、
絶対に不誠実な対応をしてはいけません。

被害者、死傷者、病人の皆様に
寄り添う意識が何より求められます。

危機管理広報は不誠実な対応をしてはいけません。

大事なので繰り返しましたが、
このことが最近の様々な記者会見では、
忘れられているような印象もあります。

―――――――――――――――――

危機時の緊急記者会見で、一部の報道陣は
外見・衣類もチェックしています。

特に芸能関係のカメラマンらはそうした
「外見のエラー」をも狙います。

危機時の緊急記者会見の派手なネクタイも、
「不誠実」との印象につながるためです。

ただここで注意してほしいのは、

「炎上が怖いから注意しなければ」

などの浅薄な考え方では不十分、ということです。

―――――――――――――――――

危機管理広報の根本的な目的は

再発防止や早期解決などがあげられます。

その会見の場所で、報道記者たちは
使命感とプロ意識を持って取材にあたります。

そこでの言い訳は通用しません。

事案を茶化したり、大げさな比喩で
事実を正確に伝えないことは
一切許されず、同情されないのです。

危機発生時の緊急記者会見では、
再発防止や早期解決に向けた
「誠実さ」が何よりも大事なのです。

そうしたことを踏まえ私は
危機管理広報(マスコミ対応)の研修講師として

「報道陣の向こう側にメッセージを伝えましょう」

「被害者がいたら、語りかける意識を持ちましょう」

「緊急記者会見で報道陣は発言のエラーをも狙います。
 言葉のエラーは、発言者の意識とリンクします」


などと伝えています。

―――――――――――――――――

報道陣に向かってコメントを発する立場の皆様。

もしご自身やご家族が被害を受けた立場だったら、
ということをあらためて確認してください。

新型コロナウィルスの一日も早い収束と
皆様のご安全を心から願っています。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


―――――――――――――――

講師・高木の事業一覧ページはこちら

フリーアナウンサー・研修講師 
高木圭二郎 ビジネスインデックス
https://peraichi.com/landing_pages/view/takagikeijirobiz


―――――――――――――――

<研修・講演のご案内>

講師の高木はマスコミ対応研修・危機管理研修、
広報PR研修、情報共有力講座などを実施しています。

研修事業は「メディアレクチャーズ」名義で展開中。

研修事業の情報はこちら

メディアレクチャーズ
https://media-lect.net/


―――――――――――――――

マスコミ対応研修のページはこちら
 

メディアレクチャーズ マスコミ対応研修ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/mediataiou


―――――――――――――――

スピーチ講座トークレスキューの情報はこちら。
水戸会場ではプライベートレッスンを実施しています。


スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt

茨城県央・県北・近郊の皆様も
水戸市内でのレッスン受講が可能です

茨城県南・県西の皆様や栃木・埼玉・福島・
千葉・都内の皆様も大歓迎ですよ。

―――――――――――――――

【動画】
セミナー・講座の様子を動画で公開しています。
研修型講演「伝わる話し方」の内容を紹介しています。
 

トークレスキューTV