• トップ
  • ブログ
  • 【活動報告】7/1 福島・南相馬 危機管理研修 (長文)

【活動報告】7/1 福島・南相馬 危機管理研修 (長文)

2020/07/03

7/1(水)は福島県南相馬市内へ。
昨年に続き今年も、この大事な場所での
「危機管理研修」を担当させていただきました。

まずは研修のご報告。

前泊地は福島県いわき市内でした。
宿泊先の事情でいわき市で前日に写真撮影。
翌朝に常磐線で南相馬市内に入りました。



今回の研修では、危機管理の基礎項目に加え、
令和元年(2019年)の台風19号の事例紹介、
さらには判断力を養う防災ゲームも実施。

受講された皆様は、誰もが気を抜くことなく
とても熱心に説明を聞いてくださいました。

―――――――――――――――――――

ここからは出発前の情報収集のエピソードです。

2011年3月11日の東日本大震災で
南相馬市内は甚大な影響を受けました。

地震、津波、そして原発事故の影響と
多くの方々が大変な思いをされたのです。

私は2011年3月11日、茨城のラジオ局で災害報道を担当。
その後も継続的に災害報道を続けました。

研修講師に転じた今も、災害関連のニュースには敏感で
「南相馬は特別な場所」との思いの中、現地に向かいました。

出発前、南相馬市の情報を集めようと、
書籍や動画でリサーチを実施。

特に印象深かったのはこの2冊でした。



・南相馬10日間の救命医療―津波・原発災害と闘った医師の記録
・「南相馬少年野球団 フクシマ3.11から2年間の記録」

病院の様子が描かれた書籍と、少年野球の話をまとめた書籍です。
両書とも心が大きく揺さぶられる内容でした。

大津波発生後の壮絶な病院内の様子や、
被災後の「野球の灯を消さない」という強い思いを
この2冊から読み取ることが出来ました。

―――――――――――――――――――

研修後、スタッフの方のご厚意で、
南相馬市の沿岸部をご案内いただきました。



広く、静かで、心地よい風を感じる日でした。

そこに居るだけで心が穏やかになる。
そんな素晴らしい風景でした。

津波の被害から10年程が経過。
海岸沿いでは防潮堤の整備も進みました。




災害に備えた備蓄倉庫も整備されていました。
昨年の台風19号の際にも活用されたそうです。




南相馬の海岸付近の様子です。
広大な敷地には「ロボットテストフィールド」の看板。

南相馬市では現在、ロボットやドローンの
研究開発が進められているのです。




こちらは南相馬市内の病院。
3.11の時、多くの被災者が運ばれた病院です。
地域医療の重要な拠点となっているようです。

―――――――――――――――――――

視察時に、南相馬の地元の方と、こんな会話をしました。


私:
「震災から10年ですが…どうですか?
 やはり大事な話も風化してきていますか?」

地元の方:
「そうですね… 人それぞれですが…
 辛かった過去や記憶を忘れて… 
 これからのことを考えることも、
 すごく大事だと思いますよ」


深く考えさせられるお言葉でした。

この場所にもう一度来たい。何度でも来たい。

静かで穏やかな福島の風景を見ながら、
そんな思いが私の中に生じました。


皆様とこうした情報が共有できれば幸いです。

ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
今回も本当にありがとうございました!

(講師:高木圭二郎)